濃いカーテンの色は意外と主張する

きつめの色のカーテンは、部屋の中において意外と主張するのですよね。窓の大きさにもよるのですが、大きめの窓の場合ですと、無地一色でその色を派手な色にしてしまいますと、部屋の印象をカーテンにもっていかれたりもするのですよね。

中腰ぐらいの高さからの窓のカーテンならば、派手目な色の無地一色でもいいでしょうけれど、床から天井ら辺までの大き目の窓の場合は、無地一色を選んでしまうと強すぎる印象になるのですよね。これでカーテンの色がアイボリーとか薄い黄緑だった場合は、とくに主張してこないのですが、濃い赤や青色ですとしっかりと存在感がありますね。

とは言え、カーテンの色も原色ではなく、少し抑えた赤や青ならば馴染むこともあるのですが、あまりにもきつめの色のカーテンですと、中には「安まらない」という人もいることでしょう。きつめの色を選びたいのならば、柄物にすると馴染む場合もありますので。使われている色はきつめでも、柄ものだったらしっくりと部屋がまとまるケースもありますからね。

PR|おしゃれな壁紙でお部屋をイメージチェンジ|